来店不要のキャッシング

消費者金融の限度額は初回は小さい

消費者金融のキャッシングやローンなどのサービスで融資を受ける場合、申し込みをした人によって融資の限度額は異なります。これは2010年に設定された賃金業法と言うものによって設定された総量規制というものが関わっており、これによって年収の3分の一以上の借り入れが禁止されているわけです。

 

つまり、総量規制によって借り入れを申し込んだ人はその年収の3分の1以上の借り入れができなくなるため、人によって限度額が異なってくるということになります。また、キャッシングやローンによって融資できる限度額も設定されているので、その額ギリギリまで融資を受けられる人もいればほとんど借入できないという人もいるわけです。

 

基本的に消費者金融は個人向けの無担保融資となっているため個人信用が第一であり、定職に就いていて収入があれば審査は通過できるようになっています。なので、融資の限度額が低いキャッシングやローンであれば学生やパート、主婦でも利用することができるようになっていますし、その収入によって融資額が決定されます。

 

そのため、自分の年収について把握し、自分が借入することができる限度額を理解しておくことが返済計画を立てる上でも重要になってきます。
キャッシングの整理